ヨハンナの日記 これも何かのご縁
fc2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

これも何かのご縁

眼科予約日。

煮卵先生に放り出されたので主治医の中では眼科のT先生が
1番長くなった。今年の11月で10年診てもらったことになる。

散瞳の指示が出ているとのことで散瞳剤を入れられた。
補聴器屋を昨日にしてよかった。
私の1人前の患者は私よりはるかに若い女性でビシッと
スーツを着ていた。



T先生の診察ということはイコール白内障なので先天性か
外傷性かなと見ていたら診察室から出るとナースに手術同意書と
入院手続きの紙を渡されて例によって機械的な(笑)説明を
されていた。本人は顔面蒼白。あらあら…

なんて見ていたら呼ばれたので診察室へ。
右の眼内レンズは動いておらず今のところは大丈夫とのこと。
今のところは…?

「まだ若いから(チン小体が切れる)可能性はあります。」

眼科、耳鼻科領域では私の年齢でもまだ「若い」部類に
入る。そういう我々も仕事では60歳未満だと「若い」と
言ってるな確かに…

これまた例によって機械的に(笑)次回4ヶ月後と予約を
入れられ30秒でオシマイ。会計をすませ、お腹すいたな~と
エレベーターに乗り込んだ。

「あのぅ」「・・・」←聞こえてない。
「あのぅ」「・・・・」←聞こえてない。
「あのぅ、すいません。」「はい?」←気づいた。

後ろから声をかけられても(しかも若い女性)聞こえない。
まだアンブラだから余計なお世話で後方でも人の声だと
増幅するから気づけた。シエロならわからなかったね。

「突然、すみません。T先生の患者さんですよね?
 先ほどいらした…」
「はい。主治医はT先生ですが…私の前の方でしたよね?」
「手術はもうおすみですか?」
「はい。私は他にもゴチャゴチャあるので今は経過観察
 だけですけど…」
「あのぅ、ちょっとお聞きしてもよろしいですか?
 お時間あります?」

若い女性にしちゃとってもちゃんとした(笑)尋ね方を
されたのとさっき手術の同意書をもらって顔面蒼白に
なっていたし今も「どうしましょう~~~!!」
オーラを炸裂させていたから(苦笑)聞かないわかには
いかなくなった。

白内障手術、特に難治例では国内1,2を争う腕前の
T先生でI眼科の副院長でもあるのだがキャラがねぇ(笑)。
とにかく聞かなきゃ説明も何もない先生でナースも流れ作業で
機械的に説明し手術日を迎えるので多くの患者はパニクる。

私はここで5回も(爆)手術したおかげでそれらをすっかり
心得ているが今まで手術の経験すらない人にはたまった
ものではない。

暫く立ち話し。聞こえが悪いのでと入院予約をする病棟が
ある静かな本院の前へ移動し少し話をした。

「そうなんです!」

ふはは、ツボを押してしまったようで(苦笑)。
よほど嬉しかったらしく

「お礼させてください!」
「いえいえ、お気遣いなく。先に経験していただけ
 ですから。これで不安が解消したとは思えませんし
 手術日まで間があるなら納得がいくまでT先生に
 質問してみて。聞いたら答えてくれる先生だから。」
「でも…電話番号聞いてもいいですか?」

と自分から携帯番号を書いたメモをくれた。
そこで入院手続きの順番が来たと職員が出てきたので
私もメモ紙に名前と携帯番号と聞こえが悪いのでできれば
メールでとメルアドを書いて職員に彼女に渡してくれと
頼んで別れた。

夜に彼女からメールが来て暫くやり取り。
…ちゃんとしてるわけだよ。職場がものすごい所だった。
すごい人とお知り合いになったもんだ。

有名な眼科病院しかもゴッドハンドと呼ばれる医師には
患者が殺到してものすごい数なもんだから病院のシステムも
医師も流れ作業的になり1人1人の患者の扱いが粗略になる
のは否めない。

大学病院もそうなのだがネームバリューというか大病院志向
で受診する人がいるがどうしてもその先生でなくては手術が
できないなどではない限りどうかとも思う。

私は大学病院でもバンザイされてT先生に回されたクチだが
そうじゃなかったら私自身はいつも逆まつげを抜きに行く
病院がいいなと思ってしまう(この病院にT先生が来て手術して
いたのは驚きだったが)。

「T先生を量産することが急務なんです。」

とT先生と同期のPOM!さんは言っていたが外科医って職人だから
こればっかりはねぇ…ってPOM!さんだって同業じゃないか。
去年、行った時にT先生のオペ痕を見たかったらしく(笑)
誰もいないPOM!さんの病院で細隙灯の前に座らされたっけ。
スポンサーサイト



Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる