ヨハンナの日記 ステロイドの副作用?それにしても高いなぁ
fc2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ステロイドの副作用?それにしても高いなぁ

膠内予約日。
今日の採血は20分待ち。早い方だね(苦笑)。
当たったのは年配の検査技師さん。

「ちょっとたくさんあります。7本です。」

へい。いつものことです。全く。データは綺麗と毎回言いながら
なんでこんなに多いのか…翼状針を使ってくれて上手だったし
お願いした通りの圧迫止血をしてくれたが圧迫が強すぎたせいか
紫斑になった。




A先生に今日からプレドニン14mg/dayにし毛のう炎が再燃
しなければ来週もう1ミリ減量するかもと告げる。
F先生にMMP-3はどうなっているかと聞かれたと言うと前回までの
データをグラフ化したものを端末に呼び出したら…

なんじゃこりゃ。。。
MMP-3.jpg
横軸は月日、縦軸は数値なのだが
去年の6月が247、8月が279、9月が250、10月が251、
12月は223、で、2月が347

「なんでですかね…」
「さぁ?」
「そもそもこれを測る意味はなんでしょうか?」
「腸の炎症でも上がると言われているので補助診断として
 測ってはいますがあくまでもCRPや赤沈値との総合判断なので
 これが高いからと言ってステロイドを上げたりはしません。」

…なぜ測るのかとなぜ高いのかとは聞いたが高いからといって
ステロイド上げてくれなどと一言も言うとりゃせんがな。。。
すんなり書いてはいるが小さい声でもごもごと聞き取りづらく
何度も聞き返している。

自己防衛気味の時は特に早口でもそもそ口調になるのは長年の
お付き合いでわかっているから更に会話を続けると私の腹が立つか
先生が不機嫌になるかのどちらかなのでF先生に見せたいからと
言って前回の出揃ったデータと今日の部分的なのとモニターを
見て一瞬2人で固まった(苦笑)MMP-3のグラフをプリントアウト
してもらい婦人科で真逆の証の漢方を出してもらっているのでと
こちらの漢方を止めてもらって診察を終えた。

次回は6月12日…何かあったと思ったら自分の誕生日だった。。。
誕生日に病院に来なくてはいけないのかと思うとトホホ。

毎回当日の血液データを渡されるが3分の1は当日結果が出ない。
出揃った前回(2月)のデータを見てこれだものピペット7本
要るわけだと納得。

炎症反応、普通の血算。これらは必要なのでいいが…
二次凝集能、RF、抗核抗体、Dダイマー、MMP-3、補体価…
これらも毎回調べている模様。

二次凝集能はこの簡易検査では正しく出ないのはK大明神から
解説されている。薄い試薬でもコラーゲンは2月は10%、
今日が14%(正常値は60%以上)だから異常だというのは
わかるかもだが(苦笑)。

RFはすでに抗CCP抗体を調べてRAは除外できているので無意味。
抗核抗体:これも毎回Speckled型のみ引っかかりはするものの
160倍未満(多くは40倍)なので正常人でも数%は出るものだし
ベ病とはいえその”気”がある程度でしょう。

Dダイマー:これもHPSに無理矢理関連づけて調べているとしか
思えない。無意味だっつうの。ちなみに今日の値は1.7とちょいと
高値(上限1.0)。多分、ここのところ続けてトランサミンを
飲んでいたからでしょう。逆に言うと薬が効いている自覚は
ないが効いているんだと数値でわかった(笑)。

補体価…だから。。。RAでもSLEでもないんだから無意味
だっつうの。ずっと正常値なんだし。
どの検査もけっこう値段が高いんだけどなぁ…

MMP-3の上昇はステロイド増量のせいかもだけど。
2月は4週間近く20ミリでこれを検査した日から17.5ミリに
下げたからねぇ。今日の値が下がっていればやっぱりステロイド
のせいかと…わかるの2ヶ月後か?(苦笑)

ただ、検索してみると240という値でステロイドの副作用と説明
されたと私と同じような状況の人の質問に対して副作用として
上がるのは1~2割なので240は高すぎるから原因を究明した
方がいいという解答が…

ま、来週F先生の所にこれらのデータを持って行きましょう。
来週もう1ミリ減量なるか?
スポンサーサイト



Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる