ヨハンナの日記 振替出勤
fc2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

振替出勤

金曜の振り替え出勤。
火曜は聴覚のピア・サポートがあるが今日のサポーターは以前から
私が振り替えで出た時は話をしていたNさんで「今日は出勤?」と
声をかけてくれたので(中途失聴の方だから話すのは普通)久々に
「おはようございます」と手話で挨拶。




私は挨拶など簡単な手話しかできないし指文字もおぼつかないので
空に「金」と書いて「金曜と振り替え」と言うと口話と金で通じた
ようで「ああ、そうなんだ。」って。

続いてSTのWさんも出勤して「あれ?今日はどうしたの?」
彼女は火、金で私は水、金だから金曜にしか会わないからね。前から
聞いてくれている彼女には事情を話しK先生のメールを見せた。

「先生に生活のこと言った?」
「もちろん!手紙にも書いたし…」
「リスクがあると拒否ってことだよね。。。ここあと2年だっけ?」
「うん。ある程度慣れの期間も必要だからここにいる間に手術して
 もらって次の就活にと思っていたんだけど…」
「そうじゃないと大変だよ。」
「そうなのよ~~~(泣)」

なんて会話になった。
Wさんは職場での私の聞き取りがわかっているので

「補聴器装用効果文章だと80ったってあなたの場合、語明が悪いから
 文章は聴力じゃなくて脳の能力で高音がフラットに40db入れば
 もっと聞き取り上がると思うんだけど…」
「私もそう思っているんだけど、ようは個人差が大きいからそれは
 必ずしも当てはまらない…とこう言われるわけで…」
「できるだけ若いうちにやった方がいいのにねぇ…」
「I先生にもそう言われたんだけどI先生の所は血内の先生が怒って
 しまったからダメで…」
「耳鼻科は替えられても血内は替えれないのよね?」
「うん。」
「もっと落ちるまで待つしかないってこと?」
「そうみたい。」
「うわぁ…生活成り立たなくなるじゃない!そのくらいになれば
 リスクがあって、たとえ何かあっても他にどうしようもないと
 先生は『自分に』大義名分ができるものね。」

Wさんが言う通りだと思う。
職を失ってから、あるいは就活とマッピングが同時進行では
ただでさえ視覚障がいもあり他にもごちゃごちゃあり第一、
年齢でも引っかかりで就職は今以上に厳しくなることは明らか。

K大明神の手紙を持って行ったところで考えが変わることは
ないだろうから八方ふさがり。
いっそのことフォローしないと言ってくれた方がよかった。
S医大の血内はとても好印象だったのでK大明神を説得する方が
まだどうにかなる余地はありそうだから。

今日は午前に判定前評価、午後は以前判定を受けた人の装具の
採型と忙しかった。夕方、ナースMさんも「お尻はどう?」と
声をかけてくれたので彼女には免疫抑制剤再開になるかもと話すと
始まったら手が荒れているとか何とか言って医療用手袋をして
評価をした方がいいとアドバイスされた。

そう。。。
評価する利用者の7割くらいが爪白癬。。。
私の手にもし傷があったらそこから白癬菌が感染する。
でもそれ以前に職場では夏風邪が蔓延。暑いからと治りかけで
マスクをはずして咳しまくっている常勤が2名。。。

Mさんも引いていたがさすが看護師。周りにうつすからと彼女は
暑くてもちゃんとマスクをして「近寄っちゃダメよ」と言って
くれていた。彼女は完治したが他の人はまだ…こんな時にイムラン
飲んだら速攻でもらうぞ。私がマスクしなくちゃいけなくなる。

お尻は土曜に爆発したのできっと来週はイムラン確定だよね。
とほほ…
スポンサーサイト



Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる