ヨハンナの日記 6週間ぶりの屋外歩行
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6週間ぶりの屋外歩行

今日から4月。職場はえらいことになっているのだろう。
昨日、OTのS君が涙が出そうなメールをくれた。
S君は週1勤務だからいいとしても他のスタッフは私のことなど
かまっていられない状況なのにかわるがわるメールをくれる。



でもその職場の状況を考えただけでどうしたものかとまた
寝られなくなる。寝返りをうっても股関節の痛みで目が
覚めることはなくなった。

手術した所より下が痛くて目は覚めるがそれも1度きりで
痛みの度合いも少しずつ軽くなってはきている。
とはいえ夜中はまだトラムセットを飲んでいるが…

昨日は右股関節を休ませ今朝はお天気が良いので念願の
屋外歩行訓練。病院の周りを1周。300mだそうな。
院内のリノリウムの床がアスファルトに変わっただけだが
ちょっと膝がこころもとない。歩けたけどね。

金曜に主治医に言われたことと職場のことを担当PTに話す。
私が悩むのは察してくれた。
家に帰るには床からの立ち上がりなどができなくてはいけない。
病院に行くには長い階段の上り下りができなくてはいけない。
それ以前に買い物も…

これらが痛みなしでクリアできなくては仕事どころではない。
事務仕事だけといってもパソコンだって長時間前かがみになるし
(モニターが小さいから見えない)今日からの職場の状況を
考えると事務以外もやらざるをえないなんてことにもなりかねない。
でもそんなことをしたら圧迫骨折など恐ろしい事態にきっとなる。

なので階段昇降や屋外歩行、あるいは床上動作など腰に負荷が
かかる動作をわざと組み合わせてやってもらえないかと頼んだ。
病院にいる今だからこそそうやってみてもしそれで痛みが出る
とか夜中の薬が増えるとかなら今週末退院は諦めてリハビリ病棟へ
転棟してこれらをやっても痛みが出なくなるまでリハビリをする
という選択をするしかない。

リハビリのプログラム自体けっこうタラタラしていると思っていたが
主治医が遠まわしに「あまり長い距離を歩かせるな」というような
指示をしていてこれでもいくつかは主治医が許可した以外のことも
やっていると聞いて驚いた。

なんだよ。私に直接言ってくれればいいのに。。。
私には私の判断でなんて言うくせに…

プログラムは全てカルテに書いているし先生も見ているハズなので
どこまで負荷がかけられるかは主治医にやはり伺いを立てなくては
いけないが明日からやってみようということになった。

ただ…やはり私が送る最低限の日常生活といえども今の状態では
ギャップがありそれを埋めるにはこの1週間では無理な気が
彼も私もしている。

出るかどうかは今週半ばくらいには決めなくてはいけないだろうから
明日、明後日の状態如何か?
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。