ヨハンナの日記 眼科受診
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼科受診

入院直前にさかまつげを抜いたが2ヶ月近く経っているので
さかまつげが刺さって痛い。
今週末退院するつもりでいたから(明日、明後日暴風雨の
予報なので飛行機飛ばない可能性大だから退院しなくて
よかったけど?)東京へ帰ってからまつげを抜こうと
思っていたが退院が延びたので近くに眼科はあるかと
聞くとあると言う。



他科受診なら外出の大義名分(?)となりすんなり許可。
月曜以来全く主治医にはお目にかからないがW眼科が
オススメなのでタクシーに乗って言ってこいとの指示
だとか。

その前にリハビリ。
朝起き掛けは特に右股関節が痛くて加重ができないと
担当PTに言うと

「仰向けで体幹を固定している状態で股関節屈曲、
 外転に抵抗かけても痛くないということは股関節の
 問題ではないですね。腰の神経症状じゃ…」

と右大転子あたりから押しはじめた。

「痛いですか?」
「うんにゃ。」
「ここは?」
「あたたたた…」

とマットの上で転がった。
やはり腰からの神経症状だということが判明。
腰の患者をたくさん見ているPTだけのことはある。
私にはわからんかった。

床からの立ち上がり、膝立ちでのコルセットはずしは
難なくできたので今日は階段の急な方…
急とはいっても普通の階段の高さ。訓練用なので
3段しかない。

まずはウォーミングアップで低い方から。
こちらは楽勝。では…と3段の方を上り下りすると…
わずか2往復…つまり6段上り下りしただけで

「イテテテテ…」

腰と左股関節が痛い。
階段昇降がこんなに腰に負担が掛かる動作とは
思わなかった。だからやりたくないんだとさ。。。

最後は廊下歩行だが今週になって1度も折れなかった
左股関節が折れはしなかったが痛みで2度折れそうに。
ちょっと止まると痛みは消えてすぐに元通りに
歩けるようにはなるが…2往復を1回と1往復
だけで切り上げられた。

「もっとやりた~い!」
「(苦笑)土日で悪くなるかもしれませんから。」

ウチの最寄り駅の階段…上りホームはエレベーターが
あるが帰りは階段を下りなくてはいけない。。。

「何度か休まないと無理ですね。」
「ふえ~ん。。。」

リハビリが終わっても暫く痛かった。。。前途多難。

さて午後は眼科受診の外出。
入院中の他病院への受診は医療費が変わるとかで
書類を総合受付でもらい持って行けとか面倒くさい。
午後2時間の外出許可書を出し、タクシーを呼んで
W眼科へ。

タクシーの運ちゃんいわくW眼科も有名なんだとか。
レーシックや白内障手術で有名なんだと。ふ~ん。
ところがその有名病院の駐車場はガラン。
「石川県民は車生活」とさんざん聞いていたのに
なんでじゃ?と思ったら金曜の午後診療は
2時からだった。。。

着いたのは1時半だったがでも中に入るとすでに
待っている患者が…このくらいでよかったかもね。
見ると手術やレーシックなどのために午後診療は
月、水、金のみ。
タクシー代かけてるし無駄足にならなくてよかった。

初診だからしょうがないがお決まりの問診表に
はじまり一通りの検査。度合わせテキトーですな。
しかも眼圧検査で

「まっすぐ見てください。」
「私、先天性眼振があるので自分の意志とは
 関わらずに目玉が揺れるんですが…」

それでも一点を注視させようと必死。
何度やっても正しい価が出ない。
有名な眼科とはいえ先天性眼振の人は見たことが
ないのかはたまた石川県民には先天性眼振の
人がいないのか。。。

どこの眼科でも眼圧を一発で測れることはまずない。
だいたいは2,3回やるんだけど今日は片目につき
7,8回くらい空気を当てたぞ。いいかげんにせい。
多分、最後まで正確な価は出なかったのではないかと。

しかも検査台を上げるのがめんどくさいらしく
低いままでどの検査もやろうとするので腰の手術を
したばかりで痛いので検査台を上げてくださいと
いちいち言うハメに。

そんな検査はどうでもいいからとっととまつげを
抜いてくれ!
診察室前の椅子も受付前の椅子もみんな低くて
立つのが大変。再来の人ばかりが次々と呼ばれ
時間がどんどん過ぎていく。

「ほんで~~」

と金沢弁の先生のでかい声が響いている。
ようやく呼ばれ診察…ところがそばにいた
ナースがぐいっと頭を押さえつける。

痛いな!なにすんじゃい!と叫びそうになる。
腰に響くだろうが!
細隙灯で見る時はなんと首ねっこを押さえ
つけられた。こんな眼科は初めて。。。

さかまつげもあったにはあったがそれより
左目のまぶたの裏にばい菌による炎症があり
アレルギー性結膜炎もあると。

はぁ。花粉症なもんで…
普段の生活よりはだいぶいいがそれでも外から
花粉は入ってくる。鼻水は出るから
抗アレルギー剤は飲んでいても目薬までは
いらないかと思っていたが…

ということで抗菌剤と抗アレルギー剤の
目薬を処方されおしまい。
会計も延々と待たされ届けを出した3時を
過ぎそうなのでしょうがなく携帯から病棟へ
代理電話を頼んだ。

呼んだタクシーはすぐ来たから帰ったのは
3時を5,6分過ぎただけだったけど。
午後からのリハビリ患者がセラピストに
付き添われてみんな病院の周りを回ってる。
私も時間があったら回りたかったが断念。
帰ったら主任が

「ごめん!先生の紹介状持たせるの忘れた!
 大丈夫だった?」

おい。。。。
大丈夫じゃないわい。先生の手紙があったら
首根っこおさえつけられることなかったんじゃ
ないか?スタッフが次々変わるので腰の手術で
入院中だといくら言っても伝わらなかった。
医師の一筆ってのはこういう時に威力を発揮
するってのに。こいつは。。。
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。