ヨハンナの日記 セラピストに指示する患者
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラピストに指示する患者

担当PTのKさんは不在なので(リハビリ病棟は土日も
リハビリがあるためその振り替え休日)そのたびに
代替要員としてやってくれていたこれまたイニシャル
Kさんが迎えにきた。おや?今日はコブがついてる。



30年近く前に学校を卒業したオバチャンは最近の学校は
さっぱりわからんがすぐ近くの学校だとか。ふ~ん。

KさんはPT室に入るとプラットホーム(ベッド状の
訓練用マット)に行こうとしたが床上マットが
空いていたので

「ここに降りちゃダメ?」と言うと
「申し送りの紙には書いてないんで~…」と困り顔。
「言う通りにしないとKさん(担当PT)に怒られる?
 床からの立ち上がりやらせろとは言わないから
 降りるだけ降ろさせて♪Kさんには私が降ろさせろ
 と言ったと言うから。」
「はぁ…」

困った患者だよね。学生だっているってのに患者が
セラピストに指示するなんて代替さんのメンツに
かかわっては困るので学生クンに

「聞いてる?私、同業者なの。今は患者だけどね。」

年恰好見たら私の方が歳もキャリアも上なのはわかる
だろうからこんなエラソーなおねだりしても納得
してくれる…かな?ごめんねKさん。

担当PTからの指示は軽めのプログラムばかりで物足りない。
仕方ないとはいえ私としてはそのために入院し続けて
いるのだからちょいと負荷になることもやってほしい。

で、また無理に(苦笑)階段昇降をお願いした。
ただし低い方だけ。担当からは階段の指示はないので
バレたら彼が怒られるだろうから低い方でも我慢。
その代わり(?)彼が止めないのをいいことに
5往復しちゃった。

仕上げに廊下歩行2往復を2セット歩いておしまい。
ありがとさんでした。

夜、1週間ぶりに主治医登場。
ま、あとはリハビリしかやることないから顔を出して
くれるだけでもいっか。

トラムセットの使い方を聞くと
痛みを止めて負荷をかけるのはダメだけど
(院長指示)頓服として飲むのはかまわないと。
主治医的には動けば痛みが出るのはある程度
仕方ないことなので私の判断でもいいっぽい
ニュアンスでは言ってくれた。

退院したら嫌でも動かざるをえない。
動いても薬がいらなくなるまで入院している
わけにもいかない(多分、3~6ヶ月かかる)。
それまで待っていられないというのもわかっての
ことでしょう。私だって事情が許せば動いても薬が
いらなくなるまでのんびりしたいのは山々だが…

主治医に聞いてもやはりコンビニですらかなり
離れていて1番近い所でも600メートルくらいは
あるから歩かせられる距離じゃないと…

…あにょ~、羽田空港ではそのくらい歩かないと
到着ロビーに着かないんですがねぇ…
やっぱり今週は無理でも来週いっぱいくらいまでに
階段昇降と歩行距離延長をある程度どうにかして
退院にこぎつけたいな。
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。