ヨハンナの日記 こんなのインフォームドコンセントじゃない
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなのインフォームドコンセントじゃない

腰の手術で3月の予約時には行けなかったので半年ぶりで耳鼻科受診。
聴力は過去最高値。プレドニンを11ミリに下げているのにこの値は
我ながらちとビックリ。でも言葉の聴こえ方に差は感じられない。



   2013-07-05.jpg

先生はまた前回とほぼ同じことを言った。

「聴力が下がるよ。聞こえなくなってもいいの?何があっても
 訴えないって一筆書いて。」

こうもあからさまに何度も言う医師には今までお目にかかったことがない。
手術する気はないんだろうなといい加減うんざり。

私は電極を入れることにより10~15db聴力が下がることよりも補聴器と
スピーチプロセッサーを別々につけてそれぞれ違った場所にあるマイクが
音を同時に拾って果たして頭の中で1つに合わさって聴こえるのかと
以前、STがフォナックの補聴器はここで扱っていないと言っていたので
補聴器のフィッティングはどうするのかの方が心配。

最初の質問には明確には答えず(なんだよ!)2つ目の質問は
「じゃあ、ダメか…」と言いかけたがお金がかかるかもしれないが
メーカーからフィッティングソフトを手に入れることは可能だろうと。

次回受診の2ヶ月後まで他のスタッフとも検討するとのことで終わり。
こちらに不利なことばかり同意を求めるのはフェアではない。
こんなのインフォームドコンセントなんて言わないと思う。
私が医療従事者だから余計に腹が立つのかもだが…

普通の人工内耳にするのであれば別の病院へ行けばいいが低音域が
まだこんなに残っているのでは残存聴力を全て犠牲にするのは
抵抗がある。なんだかなぁ…
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。