ヨハンナの日記 最後の更新
FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の更新

出勤日。
今日は評価が組まれていた。
Sさんから評価する人の情報を聞いていたら係長登場。
Sさんにではなく私に用があると言う。
なにかと思えば更新手続きのことだった。
更新回数満了で今年が最後の更新。



更新手続きの用紙2枚と「これが最後の更新です。」みたいな
お知らせのプリント付き。再来年の3月でクビになる。
病院の常勤フルタイムなら選ばなければ60歳まで就職口はあるが
この歳でこの体でこの障がいで週に2,3日なんて口があるか?
週に2回の今ですらA先生には仕事辞めろと言われてるのに…

みんな簡単に「いざとなったら生保」なんて言うが私の場合、
HPSがあるためにHPSを理解してくれる医師でなくてはいけない
ので科によって病院がバラバラ。医療券になった場合、それを理解
してくれるケースワーカーばかりとは限らない。

更に受給前に持っているPCはOKだろうがインターネットは×
なので患者会の活動ができなくなる。誰かやってくれればいいが
今ですら私1人でHP更新、メール相談、メーリングリスト、
年に1度の看護学校での講義、アルビノ交流会で置かせてもらう
資料作りに交流会でのHPS相談、海外とのやり取りなどを
やっていて協力してと言っても誰も一緒にやってはくれない。

再来年に今と同じ頻度や負荷量で再就職できればいいができなかった
場合、果たしてこれらはどうなるのやら…

で、評価するのはSさんはOさんと訪問のために妊婦Kさんと。
私がまだ判定事業に携わる前に判定を受けた人で判定書と履いている
装具が違う(!)ということで再交付の見極めも含めた相談とのこと。

奥さんに車いすを押されてやってきたので嫌な予感。。。
予感的中で今は全く歩かないどころか移乗動作から何から全介助。
しかも80㎏近くあるガッチリ系。

こりゃ妊婦と腰の悪い私じゃダメだと判断しKさんに常勤PTで
白一点(笑)のTさんを呼んできてもらいベッドへ移してもらった。
ほぼ寝たきり状態のようで関節はあちこち固まっているわ寝返りも
できないわで移乗動作以外は私が1人でやるしかなく大変だった。
…帰宅したら案の定、紫斑ができてた。。。

装具どうこうという問題ではなく、でも移乗動作の時に足が
ひっかかったり傷ができても困るだろうと判定書通りの装具を
再交付することで終了。あぁ、しんど。
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。