ヨハンナの日記 そんな聞き違いってある?
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな聞き違いってある?

先週の職場でのストレスのせいか、このところの気温変動のせいか
わからないが先週火か水かに突然、腰の下の方というかお尻の上の
方というかの位置に巨大な毛のう炎出現。




みるみるまに大きくなり赤く炎症を起こして腫れていき手のひら大
にまでなった。ガーゼにデルモベート軟膏をとぐろを巻くほど塗り
(3日で1本使うほど消費)貼ってもいっこうによくならず痛くて
仰向けに寝られなくなった。

膠内のA先生にいきなり言ってもまずは抗生剤というのは目に見えて
いるから(無菌性なので抗生剤は効かないというのがまだわかって
ない?)ちょうど先週耳鼻科で抗生物質を出されたので効かないと
わかっていたが1週間様子をみた。

当然、抗生剤は全く効かずむしろ酷くなった。迷った末に皮膚科の
F先生とは開業する4月まで会えないし今週木曜か来週火曜かで
評価のために振り替え出勤を申し渡されていたのでもし火曜になれば
A先生は火曜にしか外来に出ていないから行けないので予約外で
行った。

予約外なのでどれだけ待たされるかわからないから実家の道新
(北海道新聞)の「みなみ風」という地方紙に紹介されていた舞台が
函館の小説
烈風のレクイエム烈風のレクイエム
(2013/02/22)
熊谷 達也

商品詳細を見る

を読みながら待つ。

予約外で行くとナースに理由を聞かれるから↑を説明すると暫くして
A先生からは内科では処置できないので皮膚科へ行けとの指示と。
あにょ~、切開はできない、ましてや今のここの皮膚科にはHPSの
ことを知る医師は皆無。べ病によるものだからたとえF先生でも
ステロイド増量しか方法がないから内科へ行けというのは明白。

そう言うと再びA先生に伺いを立てたとかで今度は皮膚科への手紙を
持ってまずは皮膚科へ行けと同じ指示だと言う。

”ブチッ”(笑)

いったい何年主治医をやってるんだね。いちいち覚えていないかも
だが同じことを繰り返しているのに。HPSを知らない医師はいくら
手紙があってもいきなり切開して(大袈裟なと言われいきなり切られた
経験がある)エライことになったらどうしてくれるんだと強く言うと…

診察室へ呼ばれた。
A先生は明らかにムッとしているが私もムッとしているので(苦笑)
いきなりズボンを下ろしてお尻をブリン!ガーゼをはがして嫌がおう
でも見せた。

「毛のう炎ですか…」

そう言うとろうが。見ればわかるだろうがっ!

「魚の目と聞いたので…」
「はあ?」

。。。ナースが毛のう炎を魚の目と聞き違えたらしい。。。
聞き違えにしても「お尻に手のひら大の毛のう炎ができて…」と
2度も言った。2回とも違うナースだったので2人ともが聞き違え
たのか?百歩譲って2人とも聞き違えたとしても

”お尻に手のひら大の魚の目”

なんてできるはずがない。A先生を含めて3人ともヘンだと誰も
思わなかったのかと呆れてしまった。
でもそれはゴックンと飲み込んで椅子に座る。

A先生は練馬へ行けとのたまった。だ~か~ら~、F先生は開業準備
で4月まで会えないと2週間前に言うたろうが!カルテに書いとけ!
(完全な電子カルテではなく手書き。こういうところも古い!)

「毛のう炎でのステロイドの量は最高何ミリでしたか?」
「20です。」

あんたが最高20って言ったんじゃないか!F先生は忠実にそれに従い
でもすぐに下げるとリバウンドするので何ヶ月かかけ、私の主訴と
意向を聞きながら二人三脚で減量してきた。

4月までF先生に丸投げできないと知り「仕方なく」←そう言った。
20に増量。私とてせっかく苦労して10まで落とし5ヶ月頑張ったのに
元の木阿弥にしたくはなかったが痛くて仰向けで寝られないし他に
方法がないので私だって「仕方なく」来たのだから。

とりあえず2週間と言われたが(F先生ならこのレベルだと1ヶ月
そのままでと言うだろうな)2週間後は祝日。で翌週は耳鼻科の予約
が入っているのでダメだと言うと来週と。。。

1週間で減量したらまたリバウンドすることは目に見えてる。
ちょうど(?)もしかしたら振り替え出勤しなくてはいけないかも
なのでそう言うと一応、予約はしておいてダメなら本来の予約日で
ある25日にということで10ミリ増量分の処方箋を4週分もらう。

が、これまた最初から10年以上ずっと院外処方なのに院内処方に
してしまい取り消しの電話をかけてやんの。。。何やってんだか。
「データはあてにならないでしょうしねぇ…」と今日は採血なし。

でも翌週の予約には診察前採血のオーダー。
あにょ~、増量前で出ないなら増量後はもっと炎症反応なんて出る
わけがないとは思わないのかね。医療費の無駄。
ほんっとにデータしか見ない医者だな。毛のう炎だって無理矢理
お尻を突き出したものの(苦笑)遠巻きにちらっと見ただけだし。

どんなに医療機器が発達しても視診、触診は大事だと私が尊敬する
医師達は口を揃えて言うがこの医者はそれらをしない。端末しか
見てないよな。あんたに診察されること自体が最近はストレスに
なってきてる。医者替えたいけどなぁ…どこへ行けばいいのやら。

早いね、病院のエントランスにはもうお雛さまが飾ってあった。
   hina.jpg   
プレドニンだけなので帰りにいつもの薬局へ。

店長の奥さんに↑を言うと
「非感染性だから膿が出ても炎症反応出ないでしょ。」
…薬剤師さんの方が医師より正しく理解しているんだけど…

副鼻腔炎の方は鼻水が大量に出るようになり柔らかいティッシュ
じゃないと鼻が痛くなるから柔らかティッシュなどあれこれ買い物
して大荷物で帰宅。あぁ、疲れた。
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。