ヨハンナの日記 ♪出てきた出てきた山親爺♪
fc2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

♪出てきた出てきた山親爺♪

今年初の出勤。雪がないってのは楽だね(苦笑)。
職場に着くと一通りお年始の挨拶。
非常勤PTのSさんは私の顔をマジマジと見て

「赤みが取れてだいぶ小さくなりましたがまだ治らないんですね。」だと。

そうなのだよ。ものもらいはだいぶ小さくはなったがまだしつこくまぶたに
生存している。仕事もなくゴロゴロ&ふやけるほど温泉三昧の生活をしたら
治ると思ったのにお正月はおろかできて1ヶ月を過ぎても治らないものもらい
なんて生まれて初めて。ちゃんと目薬や軟膏もつけているのに…
イムラン止めて3週間。そろそろ免疫力が回復してもよさそうなものだが…




仕事初めにいきなり判定前評価。50代前半で比較的若いが麻痺は重そう。
ご主人に車いすを押されて来所したご本人の体型を見て逃げたくなった。。。
かなりのヘビー級。うわぁ、なまった体でいきなりこの体型かよ。

ものすごく重かった。麻痺より体重が…
関節角度を測るのにも足1本の重いこと!しかも足を曲げるとお腹につかえる。
横向きにさせたはいいがすぐに転がってしまいSさんの力を借りて2人がかりで
計測したが完全に私は重みで負けていた。

ご主人は72kgくらいだと言ったが後でSさんが「絶対もっとありますよね。」
多分、80kgくらいあると思う。体の幅も厚みもほぼ同じ。
そんな体型だから評価用装具がどれも合わない。

しかもめまいと頭痛が酷くほとんど外に出ないとかで耐久性が著しく低く
休み休みやっていても装具のことをあれこれやっている間に見ていたご主人が
本人が具合悪そうなのにと怒り出す始末。話しを聞いている時から気づいて
いたが明らかにご主人の過介護によるものとご主人あるいは本人のメンタル的な
問題も絡んでいる模様。

今、本人が使っている病院で作った装具と同じ物は麻痺の程度と合わないために
東京都の許可が下りない。違う装具を処方することになるが装具を変える場合は
本人の装用感などを確かめて納得した上で申請しないと後でトラブルになる。

休ませながらも私はご主人に背を向け本人に確認していたがご主人は
「あなたがたが決めればいいことじゃないか!本人具合悪いのに!」を連発。
これも後でクレームがつく典型。いざ交付されると気に入らないとかクレームが
付き、専門職が勝手に決めたと言った言わないのトラブルになる場合が多い。
こういう家族は要注意。

とりあえずベッド上評価しかしていないので本人が歩けそうなら少しでも歩いて
もらい写真を撮らないと当日評価もおおせつかっているためにこの人だけに
判定当日は時間がかけられない。

それでも本人が拒否すれば断念するしかないのだが本人は歩くと言うので
歩いてもらうと意外と歩けるではないか。やはり能力的にはもっといい。
デイ・サービスもめまいで4ヶ月通っただけで辞めてしまいどこにも外出先が
ない。デイは高齢者ばかりなのでまだ50代前半では話しも合わずモチベーションも
上がらないのはもっともなこと。

でもこのご主人と24時間一緒にいたらなんでもなくても病気になりそう。
家事から身の回りの世話からいっさいをやってもらっているから本人は言えない。
評価用ベッドから車いすに乗り移る時、ご主人が無理矢理抱えたら
「触らないで!」と本人はご主人の手を払いのけた。
大事にされてはいるのだが本当に本人はそれで幸せだろうか。

ちらりとここにも65歳未満の若い人を対象とした通所訓練事業があることを
さりげなく伝えた。もちろん、ご主人が反対するんだろうけどね。。。
福祉事務所やケアマネなど誰か外の人間がかかわる必要があるのだが担当
CWは仕事しない人なんだよな。。。本人にも全く会ってもいない。

どうにか今使っている装具を履いての歩行写真を撮り評価を打ち切った。
判定は再来週なのでそれまでに業者にデモ用のデカイ装具がないか聞いて
みるしか手はない。仕事初めはえらく体力&気力が消耗した。
Fさんに↑を言って判定当日はCW、判定医、Fさんなどみんなが立会いの
下で装具を変えることの確認をしてほしいと頼んだ。

お昼休みは全国銘菓物産展状態(笑)。
Fさんも今日が仕事初め。彼女はご当地カップラーメンを箱で持ってきて
みんなに配った。私はOTのS君のリクエストで千秋庵総本家の「元祖山親爺」
残念ながら楽天でもAmazonでも通販はしていない。(どらやきは通販あり)

♪出てきた出てきた山親爺 笹の葉担いで鮭しょって
 スキーに乗った山親爺 千秋庵の山親爺
 きょうのおやつは山親爺 千秋庵の山親爺♪

ある年齢以上(笑)の北海道の人ならこのCMソング歌えない人はいないのでは?
なんとYou Tubeにあったよ(笑)
「ぴったんこカンカン」で大泉 洋と安住アナが歌ったものまで…
このCMは札幌千秋庵の山親爺だけどね。千秋庵は北海道を代表する和菓子屋で
札幌が本店だと思っている人が多いようだが(店も大きいし)総本家は函館で
本店は小さいが歴史を感じる建物。

ここから暖簾分けをして全道に店ができ(今は多くが閉店したらしいが)それぞれの
オリジナル商品がある。札幌の千秋庵は総本家からみて孫。
ちなみに札幌千秋庵から暖簾分けをした帯広千秋庵は六花亭へと暖簾を変えた。
六花亭は今や本州でもメジャーだから説明はいらないでしょう。

CMにあるように山親爺は札幌千秋庵でも出しているが微妙に味が違う。
(図柄も微妙に違う)元祖の方が甘さ控えめでサクサクしていて断然美味しい。
材料の量が違うのかな???
地元の贔屓目と思われるかもだが機会があったら食べ比べてみて。

ちなみに山親爺とはヒグマの呼称。
昔から変わらぬ雪の結晶が描かれた黒い缶で「缶が欲しい!」と声が上がった。
数が少ないというのに私も食べた。懐かしい味!何年ぶりで食べただろう。
子供の頃はよくお客さんが持ってきてこちらも手土産に持って行ったお菓子。

今日はS君は出勤日ではないので来週の水曜まで残っているかどうか…(笑)
まぁとにかく今日はあちこちのいろんなお菓子があるわあるわ。
午前中の評価で疲れたのもあっていろいろ食べてしまった。太るぞ~(怖)

午後はSさんに業者へ電話をかけてもらい私は判定用書類を書く。
肝心な歩行や動きの評価がほとんどできていないのでものの1時間半くらいで
書き終えてしまった。時間が中途半端で他のことには手をつけられずやはり
暇になってしまったSTのWさんとおしゃべりしちゃったよ。
定時で帰れたがなんだか後味悪い初日だった。
スポンサーサイト



Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる